Oライン脱毛に興味のある方は必見です!

肛門周り(Oライン)のムダ毛と脱毛

肛門付近のムダ毛って本当に不要ですよね‥。結構個人差はあるようですが、私の場合は、かなりの剛毛で、VラインからOラインまで墨で塗ったようにびっしりと生えていました。薄い方が羨ましいと思っていました。

Oラインのムダ毛は実に厄介なものです。用を足して(大きい方)、ウォシュレットで勢いよく洗浄したとしても、綺麗に洗い落とすことができません。必ず、少々ムダ毛に残っています。

ですから、Oラインのムダ毛処理も出来る範囲で自己処理していました。入浴中に、せっせと剃っていたのですが、場所が場所なだけに毎回悪戦苦闘していました。鏡でチェックするにしても、Oラインをチェックするのは至難の業です。なので、手の感触を頼りに剃っていました。

剃った日はスッキリして気持ちよく過ごせましたが、翌日になるとチクチクしてきます。脱毛ではないので、必ずすぐにムダ毛が生えだしてくるのです。煩わしいったらありゃしない‥て感じでした。

そんな煩わしさから解放されたいのと、恥ずかしい話ではありますが彼氏にドン引きされたのがきっかけとなって、VIO脱毛する決心をしたのであります。勇気を振り絞ってサロンに行きました。そして気になるOライン脱毛。どんな流れで脱毛したかというと‥。

まず、うつ伏せに寝ました。この体勢はサロンによって違うようですが、私が行ったところではうつ伏せ体勢での脱毛でした。(横向きになって片足を胸に抱き寄せた体勢になって、お尻を広げながら脱毛するサロンもあるようです)

次に、うつ伏せ状態で、お尻の割れ目にショーツをグイと食い込ませて、Oラインを冷却されました。これは、脱毛の際に熱くなることを前提での冷却作業です。なので、しっかりと冷やしておかなければいけないようです。

Oラインが十分に冷却されたら、いよいよ脱毛開始です。エステシャンが、ショーツを左右に上手にずらしながらOラインを脱毛してくれます。

脱毛処理が終わったら、再度冷却してクールダウンしてくれます。それから、パックなどをして脱毛後の肌をお手入れしてくれました。脱毛に通う度に、毛穴が引き締まって、カミソリ負けしたブツブツ肌が治っていきました。やはり、プロによる脱毛は全然違いますよ。

↑ PAGE TOP