脱毛サロンで起こり得る肌トラブルとは?

脱毛サロンでのトラブルと黒ずみ対策

脱毛サロンへ通った後に、お肌トラブルに遭ってしまった方はどれくらいいるのでしょうか。例えば脱毛サロンでの施術後、施術した場所に黒ずみが現れたり、元々あった黒ずみが更に強く感じられたり…。

ひどいサロンの場合だと、皮膚科に行って診てもらうことを勧められるだけで取り合ってくれないという場合もあるようです。

なぜ脱毛後にお肌が黒ずんでしまうかというと、その原因は様々なのではと思います。ですが大きな原因のひとつとして、施術時にしっかりとお肌をクールダウンさせていなかったり、スキンケアが足りていなかったりという事が挙げられるでしょう。

エステでは機器から出力した光をお肌に当てて脱毛を促すわけですが、その際のお肌は内側に熱が溜まり軽度のやけど状態になっています。ですから脱毛マシンを利用する前後には、冷たいタオルやジェルなどを使用してお肌を冷ましてあげるわけです。

脱毛施術を受けた日にお風呂や日焼けを避ける必要があったり、自分流の脱毛ケアを控えることを知らなかったりすると、光で傷ついたお肌に更にダメージを加えてしまうことに繋がってしまい、黒ずみが生まれてしまうきっかけになってしまいます。

誠実ではないサロンを選んでしまうと、施術自体が適当であったり、受ける際に気をつけなければいけないことに対しての案内が足りないこともあるようです。もしも施術後にお肌トラブルが生まれてしまった場合は、皮膚科にすぐにいきましょう。

サロンで脱毛を受ける際には契約書などの書類を渡されます。その中には同意書もあり、同意書に記載されている「施術を受けた後に肌に赤みが生まれたり、黒ずみが生まれることもあります」などという一文があると思いますが、この書類に判を押してしまうと、施術後のリスクの可能性も受け入れて施術を受ける、ということとなります。

とはいえ余りにも肌トラブルが重かったり、サロンが不誠実な場合は国民センターを頼ってみるというのも手かもしれません。お肌の黒ずみをこれ以上ひどくならないようなケア方法を少しだけご案内します。

自分でムダ毛ケアを行なう際には、毛抜きやカミソリ使用をなるべく避けましょう。カミソリを使った事がある人は思い当たる事があるかもしれませんが、カミソリを使用するときというのはなるべくそり残しがないように、何度も同じ部分を刃で触ってしまうものです。

ですがこの行為はお肌に対してダメージを与えてしまい、雑菌を皮膚の中に招き入れてしまう可能性も少なくありません。また、毛抜きやカミソリを使ってムダ毛処理をすることによって、肌のバリア機能が高まり角質層が厚くなってしまうため、黒ずみが生まれてしまいます。

自分で行うムダ毛ケアには、お肌に優しい方法を摂る事が大切です。お肌に優しい電気シェーバーなどが向いています。お顔だけではなくムダ毛ケアを行った後にはしっかりとしたスキンケアも必要です。ムダ毛ケア後のお肌は乾燥していますので、保湿クリームなどを利用する事で色素沈着が起こりにくくなるでしょう。

↑ PAGE TOP